スポンサーリンク

IMFを簡単に説明してみました!ニュースで耳にする国際通貨基金とは??

スポンサーリンク
IMFを簡単に説明してみました!ニュースで耳にする国際通貨基金とは??

IMFとは?

ニュースなどで時々耳にする言葉IMF

日本語では「国際通貨基金」といいます。

 

『IMF』とは『国際通貨基金』のこととは言っても、そもそも『国際通貨基金』って何なのか?

と首をかしげてしまうところですよね。

 

国際通貨基金ってなに

 

このページをご覧になっている理由自体、「IMF」もしくは「国際通貨基金」について簡単に知りたいからだと思います。

 

世界恐慌が関係しているIMF?

「IMF」や「国際通貨基金」とググってみても難しい説明が多いです。

 

なので出来るだけわかりやすく説明したいところですが、その為にはまず『世界恐慌』について知って置く必要があるようです。

 

『世界恐慌』とは世界中で起きた経済恐慌(経済的パニック)のことです。

 

世界恐慌

 

お金がないんだけどぉ~!!困ってるんだけどぉ~!!

っていう状態が世界中で起きた状態です。

 

もうてんやわんやです。こんな状態になってしまうことは今後あってはいけないのです!

 

ここで登場!国際通貨基金(IMF)!

そこでできたのが『国際通貨基金(IMF)』!

『世界恐慌』になった原因をもう一度引き起こさないために・・・

通貨と為替相場の安定のために・・・

 

世界恐慌なんていやだから頑張る!IMF

 

通過と為替相場の安定を目的とした国際連合の専門機関『国際通貨基金(IMF)』ができたのです♪

 

つまり何をしてくれるのがIMF?どこにあるのがIMF?

とにかく世界中の皆がお金に困らないようにするところが「国際通貨基金(IMF)」と言えばわかりやすいでしょうか?

 

本部はワシントンD.C

 

2013年3月時点での加盟国は188ヵ国、スタッフは144ヵ国の2500人くらいでしたが、

2018年4月時点での加盟国は189ヵ国、スタッフは150ヵ国の2700人くらいとなっています。

 

加盟国の経済状況が悪くなったとき、融資などで国際貿易の促進・加盟国の高水準雇用や所得の増大・為替の安定などに力を注ぎます。

 

色々なお仕事を国際通貨基金で

 

経済的に困るのはどこの国も人も同じですから、加盟国も増えているんですね。

 

国際通貨基金(IMF)が行うのは融資だけではない?

IMFはただ融資をして経済をコントロールしているだけの機関というわけではありません。

他にも為替相場安定の為に『為替政策の監視』なども行っているようです。

 

そのときの経済状況や、国の状況に応じて行うことも変わってくるのでしょうけれど、それらを20数人の理事と各国の2千人を超えるスタッフで行うのでしょうから国連機関様々です。

 

国際通貨基金(IMF)の設立から業務開始までどれくらい?

IMFが設立されたのは1946年3月。

 

最初の加盟国は29ヵ国で、IMF協定が発効して業務を開始したのは設立から1年後の1947年3月だったそうです。

 

国際通貨基金(IMF)の正式名称とは?

IMFの正式名称は「International Monetary Fund」

 

International = 国際

Monetary  = 金融

Fond    = 基金

 

つまり

 

International Monetary Fund = 国際通貨基金

 

『金融』≠『通貨』と認識しておけば覚えやすいかな?

スポンサーリンク

One Response to “IMFを簡単に説明してみました!ニュースで耳にする国際通貨基金とは??”

コメントを残す

*

スポンサーリンク