スポンサーリンク

スマホだと広告表示が多すぎて困る!?WordPressの広告表示を減らそう!スマホとPCのウィジェット使い分け

スポンサーリンク
ウィジェットロジックのコード入力

Googleアドセンスを利用して利益を得よう!と思って自分自身のサイトにアドセンス広告を貼り付ける。

今では普通に↑これを行っている人が多くなってきています。

 

けどパソコン画面だけを見て「邪魔にならない」「鬱陶しくない」範囲内で広告を貼り付けたつもりになっていませんか?

これ、スマホでは表示される広告で表示される雰囲気は全く違うんですよ!

 

どんなに読みやすい文章を心がけ、動画や画像を交えて興味深い記事を作成したとしても、広告がウザったければ似た情報の他サイトを再検索してしまいますよね。

 

パソコンのプレビューで満足すると困る!スマホで確認必須

自身の運営サイトに広告を貼っているような人達は大概PCで作業をしているでしょう。

スマホの音声入力なども便利ですが、HTMLの編集などはどうしてもパソコンの方が早いし操作しやすいですからね。

 

そして為になる有益な記事を頑張って記事を更新する。

 

そんな有益な記事を作成したことに満足して、パソコンでプレビュー確認しただけで公開しちゃっていませんか?

上記しましたが、

スマホではスマホの見た目がありますから、スマホではどんな感じに表示されているか必ず確認しておきましょう!

 

スマホで確認した結果、広告が多すぎたことに気づいた!?

スマホで確認してみると、記事や動画はいい感じに表示されている。

それなのに広告が邪魔をしていて、その「いい感じの記事」が見えない(´;ω;`)

 

これでは時間をかけて記事を作成した意味が全くないじゃないですか!

 

それならPCとスマホ、それぞれの画面で表示される広告の内容を変えてしまえば良いと思いませんか?

WordPressのウィジェットの使い分けです!

 

ウィジェットの使い分けに超便利なプラグインWidgetOptionを発見!

結論から言いますが、PCとスマホ画面でウィジェットを使い分けるプラグイン「WidgetOption」は使えませんでした(´;ω;`)

なぜかわかりませんが、「WidgetOption」をインストール・有効化して使おうとするとウィジェットが一つも動かせない・・・

Widget Optionsは諦める

どんなに便利でも動かせないのでは意味がない。

なので今回「WidgetOption」の使用は見送り|・ω・`)チラッ

 

もう一つPCとスマホの使い分けプラグイン「Widget Logic」を利用することにしました。

「Widget Logic」はインストール・有効化するだけで特別な設定はいりません。

 

 

必要なのはウィジェットを編集する際に表示・非表示のコードを入力する事です。

 

ウィジェットの表示・非表示を表すコードが難しい

ウィジェットロジックの枠に入力する

「Widget Logic」はとても便利なのですが、表示・非表示を設定する為のコードが難しいです。

 

普段からプログラムなどをいじっている人達なら難しいコードは一つもないのでしょうが、あまりプログラムなどを見た事がない人にとっては難関です。

気が引けます。

 

けど!せっかくあなたが作成した記事を多くの人に見てもらおうと思っているなら、無駄な広告表示はしたくない!

ここで紹介したコードを貼り付けるだけなので、まだウィジェットの表示・非表示の設定したことがない人はここで挑戦してみましょう。

 

is_single() 記事ページのみ表示
!is_single() 記事ページのみ非表示
is_single(‘数字’) IDを指定した記事ページのみ表示
!is_single(‘数字’) IDを指定した記事ページのみ非表示
is_page() 固定ページのみ表示
!is_page() 固定ページのみ非表示
is_page(‘数字’) IDを指定した固定ページのみ表示
!is_page(‘数字’) IDを指定した固定ページのみ非表示
is_category() カテゴリーページのみ表示
!is_category() カテゴリーページのみ非表示
is_category(‘数字’) IDを指定したカテゴリーページのみ表示
!is_category(‘数字’) IDを指定したカテゴリーページのみ非表示

 

ウィジェットロジックのコード入力

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク