スポンサーリンク

マルチサイト化したWordPressのURLが「https://~」に変更出来ない場合はデータベース編集!?

スポンサーリンク
無事に変更する事ができました

「http://~」で運営を開始したWordpress(ワードプレス)のサイト。

 

そのマルチサイト化したサイトを暫く運営していて、

あ!SSL化し忘れてた!そろそろSSL化しておこう♪

と思い、SSL化した後で気付く事がありました。

 

あれ!?URLを「https://~」に変更出来ない((((;゜Д゜)))

 

URLが「https:~」になってませんよと警告がありました。

今回の場合、すでにサーバー側でSSL化の設定を済ました状態にはしていたので、

あとはいつでもURLを「https://~」に変更できる状態でした。

 

ワードプレスのダッシュボードでは・・・

設定のURLがSSL化できていない

「「設定->一般」のアドレス(URL)がSSL(https://)になっていないようです。設定をチェックしてください」という表示が。

 

わざわざダッシュボードで教えてくれるなんて、ワードプレスさんは優しいなぁ( *´艸`)

 

じゃあ早速URLを変更してしまおうか♪と思い、

「サイトネットワーク管理」⇒「サイト」⇒「編集」⇒「設定」

で確認してみたら・・・

設定で編集する事すらできない

URLの変更の為の入力が出来ない((((;゜Д゜)))!

 

データベースにログイン

利用しているサーバーによってデータベースにログインする方法は若干異なるとは思いますが、どのサーバーを利用していても、サーバーからデータベースにログインする事はできます。

今回はデータベースにログインする方法については割愛しますが、

 

データベースにログインすると、

ワードプレスに設定しているドメインの下にズラッと「wp_○○」という表示が現れました。

データベースでwp的な表示がいっぱい

その中で今回チェックしてみたいのが、「wp_options」

データベースでOPTIONSの編集を試みた結果httpの状態です

 

「siteurl」「home」のURLが「http://~」になっているので、両方とも「コピー」の左側にある「編集」をクリックして「https://~」に書き換えましょう。

書き換えたら下の「実行」をクリックします。

データベースでOPTIONSの編集を試みた

 

ワードプレスプレス側でチェックしてみよう!これで変更完了!

ワードプレスで

「サイトネットワーク管理」⇒「サイト」⇒「編集」⇒「設定」

で確認すると編集出来ない部分のURLが「http://~」ではなく「https://~」に変更されているハズです。

 

無事に変更する事ができました

 

マルチサイトでなければ単純にダッシュボードの設定でURL変更が可能なのです、マルチサイトの「基本のサイト」に設定されているものはダッシュボードではURLの変更ができません。

 

今回の方法ですべてが解決するわけではありませんが、データベースで簡単に設定できるので覚えておきましょうヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク