スポンサーリンク

労働者には労災保険の加入条件や対象者条件があるの?全員対象?それとも?

スポンサーリンク
労災保険ってどんな人が対象の保険なのでしょうか?

労災保険っていったいなんなんさ?

「労働災害保険でしょ?知ってるよ、仕事が原因で病気になったりケガをしたら国がお金を出してくれるシステムだよ。」

ってのが一般的な考え方だと思うのですが、本当にそれだけなのか?
加入条件とか保険料とかは社員には関係ないのか?
手続きってどんな感じで進めているのか?
労災保険と雇用保険って関係ないのか?

ってか、怪我や病気をした社員は簡単に受給できるのかどうかもあまり知られていませんよね。

ってことで今回は労災保険(労働災害保険)についてのお話!

スポンサーリンク

労働災害保険の基本的な考え方ってなにさ?

労災保険っていったいどういうものなのか?よく知っているようでよく知らないですよね。

とりあえず求人票の福利厚生の中に含まれていれば良さげな感じがするってくらいではないでしょうか?

 

殆どの会社では労働災害保険に加入していますよね。

 

加入していない会社といえば起業して間もない会社や超小規模会社くらいでしょうか?

他にも加入していない可能性のある会社はあるかもしれませんが、とにかく殆どの会社で労災保険には加入しているはずです。

 

労働災害保険の受給対象労働者って誰なの?

労災保険を受給できるのはいったい誰なのか?知っていますか?

正社員だけ?それとも契約社員までなら労災保険の受給対象なのかな?

 

意外と知らない人が多いと思いますが、基本的には賃金を受ける全ての人が対象なんですよ!

 

賃金を受ける人ってのがどんな人なのかというと、

  • 正社員
  • 契約社員
  • 日雇い
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト

などですね。

 

これらは全て労災保険加入会社での労災保険対象者という事になります。

 

アルバイトだから労災は関係ない!ってことはありません。

労災保険ってどんな人が対象の保険なのでしょうか?

 

アルバイトでも仕事が原因でケガをしたり病気になったのなら、その案件は労災保険対象案件になるのです。

逆に言えばアルバイトで雇われたとしても労災保険対象者なんだから責任を持った仕事をしなければならないって事です。

 

「アルバイトは保証も何もないのだからテキトーに仕事して良い」というポジションではないのですよ(`・∀・´)/

 

本当に本当に全員対象なの!?

労働災害保険加入会社での労働者は全ての人が労災保険対象者との事ですが、本当にそうでしょうか?

 

実は「海外派遣者により特別加入の承認を得ている労働者」というのは通常の労災保険とは別に保険申請をしなければならないので、申請している期間は労災保険対象者とならないそうです。

 

  • 労災保険加入会社で仕事している人は全て労災保険の対象者
  • しかし海外派遣者のために別個申請している期間中は保険対象者とはならない

って事なんですね( ´・∀・`)b

 

労災保険を使用するためには雇用時に申請が必要なの?雇用時の加入条件とかあるの?

社会保険や雇用保険って社員雇用される時に会社が社会保険事務所などに申請する必要がありますよね?じゃあ労災保険も社員雇用されるときに申請手続きが必要なのでしょうか?

 

労災保険に関しては会社が労災保険に加入するとき申請などの加入条件はあるかもしれませんが、雇用される人には加入条件はありませんし申請する必要もありません。

怪我のない元気な労働をしましょう

労働者は安心して労災保険加入会社で働いてくださいね♪ってことです。

 

次回は事業者側から見た労災保険

とりあえず今回は全ての労働者が労災保険の対象者になる事や、加入条件がないことについてお話しました。

次回は事業者側からみた労災保険について考えてみます(*`・ω・)ゞ

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク