おせち料理ってなに?どんな料理?

スポンサーリンク



毎年おせち料理を食べていますか?

おせち料理といえば
海老?黒豆?伊達巻?

じゃあおせち料理ってどんな料理の事を言うのでしょうか?

スポンサーリンク



おせち料理を漢字で書くと?

おせち料理って漢字で書くとどのように書くのでしょうか?

  • お・・・御
  • せち・・節

“御節料理”です。

漢字の意味を考えると、
季節を敬った料理の事のようですね。

 

実際、おせち料理は季節の節目である節句にいただく料理の事だったようです。

節句っていつ?

節句といえば

  • 1月7日
  • 3月3日
  • 5月5日
  • 7月7日
  • 9月9日

これらがいわゆる五節句と言われるやつです。

基本は奇数月のゾロ目の日ですね。

お節料理は季節の節目の日に食べる?

現在のおせち料理といえばお正月に食べるのが常識です。
しかし上記した五節句ではどうでしょう?

基本は奇数月のゾロ目の日が節句のはずなのに、
1月だけが7日になっています。

七草粥を食べる日であり、
爪切りの日ですね。
(爪切りの日を知っている人っているのかな?(;´∀`))

 

しかし、色々なサイトなどで調べてもらうと分かるとは思うんですが、
「節句の一番目である正月に食べる料理」
と紹介している人が殆どです。

おかしいですよね?
節句の一番目であるある正月に食べる料理がおせち料理のはずなのに、
暦上の1番目の節句って1月7日なんですよね。

 

しかし節句の基本は奇数月のゾロ目の日。
1月1日の元旦を節句と捉える方が正しいのかもしれません。

むしろ1月7日を節句と言っている事の方が不自然なのかもしれませんよね♪

最近のおせち料理

おせち料理といえば和食!

常識ですよね?

しかし今は

洋風オードブルおせち長方形一段重「ポルトファーロ」

ハナからオードブルと言っちゃっているおせち料理や、

おつまみキューブ モダンおせち

変わり種おせち料理まで登場しています。

昔のおせち料理のように
おせち料理を保存食として考える必要がなくなった結果ですかね?

保存技術輸送技術も昔とは比べ物にならないくらい発達しているので
これくらいの変わり種感は当然なのかもしれませんね(*´∀`*)/

おせち料理についての詳しい情報

従来のおせち料理には食材一品一品におめでたい意味が込められていました。

年に一度のお正月ですから、
その年を健康で楽しく暮らすぞ!という想いを込めるのも良いですよね。

例えば、

  • 紅白かまぼこ
  • 栗きんとん
  • 黒豆
  • 昆布巻き
  • 数の子
  • 小肌粟漬け
  • 海老
  • ごぼう

など、他にも色々ありますがこれらには全部意味があります。

随時情報は更新しますが、
「お正月は美味しいおせちを食べよう!!」
というサイトで詳しく解説しているので
ぜひ参考にしておせち料理を楽しんでみてください。

美味しいおせち料理情報お試しおせち料理情報などもありますから
今年も来年もおせち料理を堪能しまくりましょう♪

スポンサーリンク



コメントを残す

*