端午の節句といえばこどもの日!こどもの日とは?なぜ男の子の日?なぜ菖蒲湯?

伝統的な行事を行う季節の節目。

そうそれが節句!!

5月の節句と言えば
端午の節句ですよね♪

いわゆる「こどもの日」です。

「端午」という言葉には深~い歴史があるんです。

紀元前3世紀まで遡るような
深~い歴史があるんです(´ε`;)

鯉のぼり

しかし祝日としての「こどもの日」の歴史は
1949年から!

「こどもの日っていう祝日を5月5日にしうよ~」
という声が多かったので

“5月5日”が「こどもの日」っていう祝日になったんです。

 

端午の節句と何か関係あるのか?

「節句」っていうのは
季節の節目に伝統的な行事を行う日の事なワケですが、

5月5日の他にも

1月7日の「七草の節句」
3月3日の「桃の節句(ひな祭り)」
5月5日の「菖蒲の節句」
7月7日の「七夕」
9月9日の「菊の節句」

があります。

菖蒲

そう!
5月5日は「菖蒲(しょうぶ)の節句」なんです!

菖蒲酒を飲んだり、柏餅を食べたり、ちまきを食べたり、菖蒲湯に入ったりする。

そういう日です。

 

じゃあなんで「端午の節句」なのか?

漢名(中国での名称)で5月5日は「端午」なので

「端午の節句」なんですが、

じゃあ本当なら
「端午の菖蒲の節句」が本当なんじゃないか?

と思ってしまいました(´ε`;)

 

菖蒲湯に入るのは
「菖蒲(しょうぶ)」=「尚武(しょうぶ)」
だから菖蒲湯に入るんだ!!

っていう昔の武士の考えが今に伝わっているんです。

ちなみに「尚武」は「武道」のことね( ^∀^)/

・・・「勝負」じゃないんだよね。

 

ともかく、
「菖蒲≠尚武」=「武道」=「武士」=「男子」

だから「こどもの日」
男の子のお祝いをする日なんだ♪

 

でもよくよく調べてみると、
もっと古くから中国では

薬草として使えるこの菖蒲を
体調の崩しやすい「端午の日」に使いましょうよ。

っていう習慣があったんだとか。

中国凄いね(;´∀`)

 

さて「こどもの日」に話を戻しますが、

「こどもの日」は日本だけではありません!

国連で決められた「世界のこどもの日」があります。

 

11月20日!!
それが「世界のこどもの日」
(1954年に制定)

そして
「国際子供の日」が6月1日!!
(1925年に制定)

「こども(子供)の日」がいっぱい(゚Д゚;)

実際は国によって日にちは違うらしく
(というか、「それぞれ国で決めていいよ」って事になっている)

そして
日本国内で制定している「こどもの日」は
5月5日に当たるわけですね。

ん~奥が深い!!

コメントを残す




*